しわができる過程を詳しく知る!

若いときと同じようにスキンケアはしているのに、どうしてしわができるの?
という方も多いと思います。

肌の角質層の奥にある真皮は、線維とその間を埋める基質という成分からできています。

線維の約90%はコラーゲンでできていて、残りの10%はエラスチンでできています。
線維は網目状で、肌の弾力やハリを生み出しています。

一方基質は、ヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸と呼ばれる水になじみやすい成分でできています。

紫外線をあびると、コラーゲンは切断され、エラスチンは変形していきます。
そのため、基質もくずれていき、ハリや弾力がなくなりシワになっていきます。

若い肌であれば、新しい線維が次々と生み出されるので、紫外線を多く浴びてもしわになりませんが、年齢を重ねるにつれ、再生能力が衰えてくるため、深いシワになっていきます。

コメントを残す